エージェントのインストール

アプリケーションを計測して次に進むには、Contrastアプリケーションでデータを確認する前にエージェントをインストールする必要があります。

アプリケーションに適用されるエージェントを選択します。

重要

エージェントをインストールしたら、アップグレードする必要があります。アプリケーションを少しでも変更したら、新しいエージェントをインストールする必要があります。アプリケーションをデプロイし直す場合は、エージェントを最新バージョンにアップグレードしてください。

Contrastを起動するためには、インストールに加えて以下の追加のステップを実行する必要があります。

  • 所属する組織の開発者がSDLCの初期段階でコードを操作する場合は、Contrast CLIもインストールする必要があります。Contrast CLI DELETE

  • AssessProtectを使用する場合は、インストールの完了後にそれらの製品を有効にする必要があります。Assess、ProtectおよびOSSを使用するには、適切なライセンスが必要です。

エージェントをインストールしてアプリケーションサーバを再起動すると、エージェントが起動してContrastアプリケーションが即座に接続するはずです。エージェントがContrastアプリケーションに接続できない場合は、以下の理由でエージェントとアプリケーションの通信が阻害されている可能性があります。

  • ContrastアプリケーションのIPアドレスとポートへのトラフィックがファイアウォールによって許可されていない:ホストまたはネットワークのファイアウォールを設定する必要があります。

  • Webゲートウェイとプロキシの認証が必要:もう一度エージェントをダウンロードして、新しいエージェントをインストールする前に適切な設定を構成します。

  • ContrastアプリケーションのサーバURLが正しく設定されていないため、エージェントが間違ったアドレスを使用して通信しようとしている:必要に応じて、エージェントの設定で変更を加えます。

注記

同じ組織内のアプリケーションの名前は、それぞれ一意でなければなりません。同じ名前のアプリケーションが複数ある場合は、Contrastでは表示名に各インスタンスを順次追加して表示されます(例:App1、App1 (1)、App1 (2))。