Javaエージェント

Contrast Javaエージェントによって、JavaベースアプリケーションにContrast Assess分析またはContrast Protect分析を追加できます。このエージェントでは、従来型のアプリケーションサーバでビルドされたJava Webアプリケーションに加えて、Netty、Play、Vert.x、Spring Bootなどでビルドされた新しいJava Webアプリケーションも分析します。JVMが使用されている場合には、このJavaエージェントを使用して詳細なセキュリティ情報を得ることができます。

アプリケーションを実行すると、Javaエージェントのセンサがアプリケーションのセキュリティ、アーキテクチャ、ライブラリに関する情報を収集します。エージェントによる分析の結果は、Contrastに表示されます。

アプリケーションの分析を開始するには、-javaagent JVMパラメータを使用して、Javaエージェントをインストールします。その後でアプリケーションを実行すると、Javaエージェントのセンサがアプリケーションのセキュリティ、アーキテクチャ、ライブラリに関する情報を収集します。エージェントによる分析の結果は、Contrastに表示されます。

-javaagent:<YourContrastJarPath>

注記

Contrast JARファイルはインストールに使用されます。JARファイルの名前とその場所へのパスは、内部ファイル構造とファイルのダウンロード方法に応じて異なる場合があります。

MavenまたはLinuxパッケージマネージャからファイルをダウンロードした場合は、contrast-agent.jarという名前になります。ファイル名から削除しない限り、エージェントのバージョンとビルド番号が名前に追加される場合もあります。Contrastからファイルをダウンロードした場合は、contrast.jarという名前になります。

このドキュメントで「<YourContrastJarPath>をContrast JARファイルへのパスに置き換えてください」と記載されている場合、JARへのパスは以下の例のいずれかのようになります。

/opt/contrast/contrast-agent.jar
contrast/contrast-agent.3.7.11.17825.jar
DOWNLOADS/contrast.jar

以下の作業を行えます。