Javaエージェント

ContrastのJavaエージェントは、Javaベースのアプリケーションで、Contrast AssessやContrast Protectによる解析を可能にします。エージェントは、従来のアプリケーションサーバで構築されるJavaのWebアプリケーションや、Netty、Play、Spring Bootなどで構築される新しいJavaのWebアプリケーションも解析します。JVMがあれば、Javaエージェントは詳細なセキュリティ情報を得ることができます。

アプリケーションが実行されると、Javaエージェントのセンサーがアプリケーションのセキュリティ、アーキテクチャ、ライブラリに関する情報を収集します。エージェントによる解析の結果は、Contrast UIで確認できます。

アプリケーションの解析を開始するには、JVMパラメータの-javaagent 使用して、 Javaエージェントをインストールします。<YourContrastJarPath>をContrastエージェントのJARファイルへのパスに置き換えて、以下のように指定します。

-javaagent:<YourContrastJarPath>

注記

Contrast JARファイルは、アプリケーションにエージェントを組み込む際に指定します。JARファイルの名前とJARファイルへのパスは、ご利用の環境のファイル構成やファイルのダウンロード方法によって異なる場合があります。

MavenまたはLinuxパッケージマネージャからファイルをダウンロードする場合は、contrast-agent.jarという名前になります。また、エージェントのバージョンとビルド番号が名前に追加される場合もあります。Contrast UIからファイルをダウンロードする場合は、contrast.jarという名前になります。

本ドキュメントにて「<YourContrastJarPath>をContrast JARファイルへのパスに置き換えてください」と記載されている場合、JARへのパスは以下の例のいずれかのようになります。

/opt/contrast/contrast-agent.jar
contrast/contrast-agent.3.7.11.17825.jar
DOWNLOADS/contrast.jar

関連する情報: