コンテナへのインストール

Contrastは、言語の計測APIを使用するか機能をラッピングすることで、アプリケーション内で機能します。Contrastはアプリケーションと同じプロセス内で実行されるため、追加のコンテナは必要ありません。Contrastは、単なる外部依存関係の1つとしてとらえてください。

コンテナを使用するときは、ビルドプロセス中にエージェントを取得し、アプリケーションのランタイムに挿入することになります。例えば、イメージベースのデプロイは次のようになります。

  1. アプリの依存関係にContrastエージェントを追加して、パッケージマネージャによってビルドプロセス中にエージェントがダウンロードされるようにします。

  2. Contrastの設定ファイルをソース管理に追加します。

  3. デプロイ設定を変更して、アプリケーション固有の設定値を環境変数として挿入します。

  4. コンテナのエントリポイントを、Contrastが有効な状態で起動するように変更します。

  5. アプリケーションをビルドし直してデプロイします。

ユースケースによっては、クイックスタートガイドが参考になります。