RPMリポジトリを使用したJavaエージェントのインストール

RPMリポジトリを使用してJavaエージェントをインストールするには:

  1. 以下のコマンドを使用して、Contrast RPMリポジトリからパッケージを取得するようシステムを設定します。

    OSREL=$(rpmquery -E "%{rhel}")
    sudo -E tee /etc/yum.repos.d/contrast.repo << EOF
    [contrast]
    name=contrast repo
    baseurl=https://pkg.contrastsecurity.com/rpm-public/centos-$OSREL/
    gpgcheck=0
    enabled=1
    EOF
  2. 設定をしたら、Contrast Javaエージェントをインストールします。

    sudo yum install contrast-java-agent
  3. Contrast JavaエージェントのJARファイルが、/opt/contrast/contrast-agent.jarとして、インストールされます。

  4. Contrastエージェントの設定を指定します。