システムレベルでの診断サービスの管理

Contrast診断サービスでは、お客様による製品の利用状況が測定され、より迅速で積極的なサポートや新機能を提供できるようになります。

Contrastでは、ContrastのSaaS版プラットフォームの診断サービスに対して、関連するデータ要素とデータ集約のスナップショットが定期的に送信されます。顧客や組織を特定するために使用される可能性のあるデータには一方向ハッシュが使用され、転送中と保存中の両方で暗号化されます。プライバシーの問題により、データにはアプリケーション名、個人識別情報、コード、脆弱性ID、顧客ネットワーク識別子は含まれません。

このデータはContrastのデータベースに保存され、承認されたサポートおよび開発チームが分析やレポートに使用できます。データベース内でデータはお客様に帰属しており、Contrastのお客様により良いサポートを提供するのに役立てられます。

診断サービスは、以下の3つの方法でカスタマーサポートを向上します。

  • カスタマーサポートは、診断データを分析することで、お客様に積極的に連絡して問題を防ぐことができます。

  • 収集されたデータを使用して既存の問題を迅速に診断し、サポートケースを解決するためのサイクル時間を短縮できます。

  • Contrastの製品開発チームは、デプロイや使用状況に関する知見を得ることで、お客様のニーズをより的確に満たすよう調整して新機能を提供できます。

SuperAdmin、ServerAdminまたはSystem Administratorとして、オンプレミスシステム全体の診断サービスを有効/無効にすることができます。

  1. システム設定の左側のナビゲーションで、一般設定を選択します。

  2. インターネットの設定で、トグルボタンを使用して無効/有効を切り替えます。診断サービスはデフォルトで有効になっています。

  3. プロキシ設定は、と診断の設定に適用されます。

ヒント

REST APIを使用して、これらの診断サービスでContrastに送信されるデータをプレビューすることもできます。