オンプレミス版の使用を開始

オンプレミス版のお客様は、インターネットに接続せずに独自のContrastインスタンスを設定できます。この設定は組織ごとに1回だけ行う必要があります。

重要

ContrastをSaaS版ソリューションとして使用できる場合は、オンプレミスでContrastアプリケーションの追加のインストールとメンテナンスを行う必要はありません。

SaaS版ContrastはSOC-2 Type IIに準拠しており、機能の更新を継続的に受け取ります。SaaS版Contrastに接続するには、管理者から提供された認証情報を使用してログインし、続けてエージェントをインストールします。

オンプレミス版のお客様の場合、AssessまたはProtectを使用するために、少なくとも以下の2つのインストールを完了する必要があります。

Contrastのインストールには、Tomcatサーブレットコンテナ、MySQLデータベースインスタンス、AdoptOpenJDK Hotspot Java仮想マシンなど、システムを構成する全ての組込みコンポーネントが含まれています。これらのコンポーネントは全て、インストールバイナリ内に組み込まれており、Contrastアーキテクチャの一部として単一サーバにデプロイされます。

Contrastアプリケーションをインストールする前に、ご使用の環境がContrastに準拠していることを確認してください。

インストール後、さらに以下を設定できます。

長期的には、以下の計画が必要となります。