Contrast serviceの設定

RubyおよびPythonエージェントとパッケージ化されたサービス実行ファイルとは異なり、Contrast serviceは接続パラメータによって事前設定されていません。その代わり、ユーザはYAML設定ファイルでサービスを設定する必要があります。

システムサービスとしてインストールされた場合、Contrast serviceは/etcディレクトリにあるこのYAML設定ファイルで制御されます。多くの場合、このサービスは同じサーバ上のほかのアプリケーションと同一のcontrast_security.yamlファイルを共有して、全ての接続に関する値(ソケット名やポート番号など)が一致していることを確認します。

アプリケーション固有の設定ファイルがまだアプリケーションの作業ディレクトリにインストールされていない場合、YAML設定ファイルの場所によって、そのファイルを同じサーバ上のエージェントと共有できるかが決まります。

  • 設定ファイルを共有しない場合は、/etc/contrast/webserver/contrast_security.yamlに配置します。

  • 設定ファイルを共有する場合は、/etc/contrast/contrast_security.yamlに配置します。

デフォルト設定では、YAMLファイルはContrast serviceのLinuxパッケージとともに、/etc/contrast/webserver/contrast_security.yamlにインストールされます。このテンプレートには、ほとんどの必要なアイテムについてプレースホルダーがありますが、以下の項目を更新する必要があります。

  • api:APIプロパティを設定します。これによってContrast serviceをContrastに接続する方法が決まります。

  • agent:これはエージェント関連の設定においてトップレベルの設定セクションです。

    • service:これらのオプションはエージェントとContrast service間の通信に影響します。接続に関する設定は、Contrast serviceとそのサービスと通信するエージェント間で一致する必要があります。

      • socket:ローカルUnixソケット(例:/tmp/contrast.sock)へのパス

      • host and port:必要に応じて、ソケットの代わりにホストおよびポートに接続するようにContrast serviceを設定できます。

      • grpc:エージェントとサービス間の通信でgRPCを使用するには「true」に設定します。この設定は任意であり、Node.jsエージェントのパフォーマンスのわずかな改善につながる場合があります。

この設定に問題や誤った値があった場合、またはContrast serviceがContrastに接続できない場合は/var/log/contrast/service.logで失敗した接続のトラブルシューティングを行ってください。